うるおい髪を取り戻せ!ハリコシ対策シャンプーまとめ

産後にホルモンバランスの崩れか肌荒れを起こしてしまいました。

出産前から肌は乾燥しがちでしたが、化粧水で肌がピリピリするようになったのは産後からでした。そこで、乾燥性敏感肌でも使えるという化粧品を使い肌をむやみに触ることを控え、スキンケアは化粧水と保湿剤のみというシンプルなものに変えたところ肌はすっかり良くなりました。

産後はスキンケアしているほど時間に余裕もないので時短とケアが叶ってよかったです。

もう秋も晩秋…いよいよ寒い冬がやってきますね(ーー;)皆さんは冬に向けて念入りなスキンケアをしていらっしゃいますでしょうか?乾燥肌さん、敏感肌さんにとって冬は辛い季節ですよね。最初に肌のお手入れの最大のポイントが「保湿」にあります。

様々なところで聞いているとは思いますが、冬はとにかく保湿はしっかりと念入りに行いましょう。
冬の寒さからお肌を守るために、例えばマスクやマフラーで顔を覆うようにしたり、潤いキープのためにスポーツでじんわりと汗をかくことも大事です。さらに化粧水を”弱酸性”のものにするとより効果的です。

今年こそ頑張ってくすみのないふんわり美肌を作りましょう!妊娠後は臨月に向かってお腹が大きくなり妊娠線ができてしまうのではと気になってしまう方も多いと思います。

妊娠線の予防には保湿が欠かせません。
いろんな種類の妊娠線クリームが販売されていて、肌に優しく悪い成分が入っていないので安心して使用できます。ふっくらと目立っていくお腹に使うのはもちろんですが、腰からお尻、そして太ももに妊娠線は現れる傾向があるので、保湿ケアは一極集中ではなく全身に行うようにすると体のあちこちに妊娠線ができてしまうのを防ぐことができます。

頬はカサカサなのに額が脂でテカテカ…私の悩みこそ、この混合肌でしたが、面倒臭がらずにスキンケアの鉄則である「ゴシゴシ洗い厳禁、保水&保湿必須」をしっかり丁寧に、素早く行うことで改善してきました。
自分の肌タイプに合わせて洗顔料やスキンケア用品を揃えることも大事ではありますが、それは「基本がきちんとなされていること」が条件なのだと体感しました。とはいえ面倒な時はその基礎を適当に済ませてしまうこともありますが、当然お肌は不安定な状態に逆戻りです…しっかりと心に「基本を守る!」を思いがけながらケアすることが大事ですね。

30代に突入してから、目元のシワやたるみが目につくようになりました。シワやたるみができた頃に妊娠、出産をしていたので、分泌ホルモンの変化が出ていたのかもしれません。目の下には複数の小ジワ、ちりめんじわも出来てしまってました。目を支える筋肉を使う体操でたるみに対応したり、夜はお手入れに一手間加えています。

体操は、目を大きく見開いて閉じるの繰り返しをします。
洗顔後のスキンケアは、毎晩しっかりと保湿するためにパックをした後に、ワセリンを少しだけ目の下に塗っています。

妊娠してからは悪阻であまり食べる事ができませんでした。

このため栄養も足りていなかったのだと思いますが、あまりにも肌あれが酷くて困っていました。
さらに困ったことに均衡の崩れたホルモンバランスの所為か、普通に使っていた化粧品が肌に痒みをもたらすようになり使えなくなってしまいました。

このままではどうしようも無いので化粧水をアレルギー肌向けの肌に優しいものにしてみたところ痒さは随分となくなりました。それに加えて簡単にシミができてしまうという話も聞いたのでいつもの日焼け止めも肌に優しい赤ちゃん肌向けの製品を使うようにして、日焼けしないように努めました。

毎日のスキンケア、やはり一番大事にしているのは保湿です。お風呂上りには真っ先に手のひらを使って顔全体に化粧水をパシャパシャと何度も馴染ませます。

それからしっかりと、その上から美容成分の入った乳液をなじませます。ずーっと使用しているのは、ヘチマ水。お手頃価格なので、たっぷり使っても大丈夫です。
顔はもちろん、首、そして胸元まで使用します。

この方法でスキンケアをするようになってから肌トラブルとは無縁です。妊娠線は一度できたら消えることがない!こんな話を聞かされたことがあったので、妊娠初期から妊娠線予防をしていました。大きくなるお腹やお尻はもちろん、太ももにも妊娠線が現れることがあるので、伸びのいいボディミルクやオイルを保湿目的でお風呂から出た後には必ず塗っていました。
使用したボディクリームなどはマタニティ用の低刺激なものです。
このボディケアで妊娠線ができる事はありませんでした☆もう産後3か月になりますが、引き続きボディケア用品を使ってお腹をマッサージしています。

ニキビは、おでこや鼻のまわりといった、皮脂の分泌が良い部分にできるものという印象を持ってる人が多いかもしれません。
しかし、顔以外にもニキビは背中にできてしまう事もあります。背面のニキビは自分で確認するのは大変な場所なので悪化してから気づくことが多いのが特徴です。

背中はシャンプーやリンスが付着しやすいため、汚れが残りやすい部分です。
入浴の際は十分に洗い流し、吹き出物を防ぎましょう。
妊娠した途端、いつも通りのスキンケアでは肌が負けてしまい敏感な状態になってしまいました。

衣類が肌と接触するとチクチクとした痒みを感じたり、顔からは潤いが消えて常に乾燥していました。

そういうわけで私はより肌に優しい無添加の化粧品を使い始めました。出産をおえたら体の痒みはとたんになくなりました。

その一方で肌のかさつきには変化がありませんでした。

出産直後から育児に追われて体力的にも時間的にも余裕がなく、これまで行ってきたスキンケアを同じようにする時間はないので、時短でもしっかりとスキンケアできるオールインワンジェルを愛用するようになりました。
シャンプーでハリコシ改善女性用